no title

今回の松山展示で年内の出張も終わり。
長かったようなあっという間のような。
1年早いなあ。


今回のオフはまた緑のあるところへ。
いい時期でした。:-))

東雲神社の樹々が綺麗だった。
小学生が野外活動中で賑やかだったのも微笑ましく。

松山城天守閣内は階段が急でコワカッタ…。
でも昔の人はこれが普通だったんだなあ。

道後公園へ。紅葉がまだとてもキレイでした。

緑の中を歩いてると上を向きたくなります。






























































































夕方は町家カフェでまったりお茶。
何回も来てるのにここまで松山を満喫したのは初めて。笑









no title

写真をアート観賞として観る機会が増えて
少しずつだけど写真集も増えてきて
写真家さんの背景とか想いとか
写真そのものから伝わるものとか
奥深くはないけれど
自分の中へのいい刺激となっています。
先日は川内倫子さんの写真展へ。
明暗の美しさが表現された写真に魅入ってしまいました。


身近にも素敵な写真を撮る人がいて
あまりの素敵さに
珍しく自分を撮って欲しいと思いました。
私自身 写真を撮るということは好きな方ですが
自分という被写体を人に撮られるのも自分で撮るのも
本当に嫌で
そのせいで自分の写真というのがあまりなかったところで
なんとなく
この方だったら
歳を重ねた今の自分をいい形で
撮ってもらえるんじゃないかなと。


撮っていただいたうちの2枚をいただきました。
自分の写真をいいなあと思ったのは
これが生まれて初めてかもしれません。笑
もう1枚は優しそうに笑っている自分
この写真はなんか物想いにふけっているような自分。
歳を重ねた自分を改めて
好きになれそうな写真でした。


さて。
明日からは愛媛。年内の出張もこれが最後です。



no title

ここのところ
いろんなミスに見舞われてます。
自分もやらかしてるし
やらかされてます。笑

そういう時
びっくりしたり
あーあ…となったりしますが
誰かのせいだとかを追求することより
その事実をどうしたらいいかを
考えることに集中します。

そして
人間だからミスもあるよね
と思うのです。
(自分に甘いかなぁ?)
また
ミスから学ぶことや発見することも
多々あります。

ただその時
迷惑かけた方々に対して
素直にごめんなさい!!と言えたほうが
私は気持ちがいいのです。
お互い様だと思うんです。

めったにミスをしない
用心深い取引先の方のミスがあった先日
それはそれは
平謝りしてくれました。
でも普段から私のうっかりや
ワガママな依頼を
なんだかんだいいながら
出来ないことは出来ないって言うよといいながら
やってくれる優しい方で
忙しい時期だしお互い様だと思えて。

ミスをしない努力は必要だけど
絶対ミスをしないために
と予防線張ってガチガチに仕事するより
なんかあった時はお互い様だよ
という気持ちでいたら
数字的なプラスマイナスよりも大事な部分で
いい仕事が出来る気がするのです。

言いたいことを言わない
という方向とも違います。
語弊はあるかもしれないけど
許さないことよりも
許すことを前提とした気持ちでいられる方が
お互いの関係をよりよい形にするには
いいんじゃないかと思います。

あくまでも
今の私の仕事の場合
ですけどね。:-)

さて。
楽しい大牟田での時間も佳境です。
終わったら寂しいだろうなあ。

no title

IN THE PASTでの展示会もスタートし
賑やかな時間はあっという間で
楽しい在廊を終えて
頭の中をとっちらかしながら
日常業務をやってます。
また今週末は在廊なので楽しみなのだけど。笑


ritmus 北島さんにお声かけいただいて
その時は
まさか自分の展示の時にやってもらえると
思っていなかった齋藤キャメルさんのライブ。
素敵な声と居心地のいい歌詞とメロディで
いい夜を過ごさせてもらいました。
一緒に準備をして
お手伝い側としてのライブは
one day diary以来。
やっぱりno music no lifeです。


しばらくは齋藤キャメルさんのBGMで
アトリエで仕事します。:-))



no title

出張の最終日にちょこっとオフだったので
恵比寿のPOSTへ。
いいinputになりそうな写真集などをいくつか購入。
美味しいもの食べ歩きやウインドーショッピングも
誰かについていける時はそれはそれで楽しくていいけれど
こういう あくまで自分の趣向目的の
自分だけの時間というのも好き。
恵比寿の坂をひとりで歩くのも久しぶりでした。


実は前回の出張で
青山のとあるところで買い物をして
その後に寄ったところに忘れ物をしたから
取りに行かなくてはならなくて
そのついでに行ける近場で というチョイスではありました。笑
でも前回も行きたくて時間なく行けなかったので
ちょうど良かったのです。


POSTでのセレクトからまた派生して
今いろいろと取り寄せ中。
先日届いた出版社Steidl社のドキュメンタリーDVDブックは
かなりツボでした。
ちょうど とある方から
製本や装丁のもっとコアな世界のお話を
いろいろと伺ったタイミングだったり
夏にたまたま気になって買った写真集が
Steidl社のものだったのもあって
すごく興味津々だったから。


Steidlさんが
携わる作家さんとのコミュニケーションを
大事にしていること
量より質を大事にしていること
大きくしたいのではなく
彼自身の信念を貫く方向へ進んでいるということ。
そんなことにとても共感出来て
いい刺激になりました。
POSTの中島さんも
出版という限られた世界の話ではなく
その他のクリエイションにも通じるストーリーだと
Steidl社のことを書いてます。


ドイツかぁ。
うん十年前に行きましたが。
いつかのタイミングでいけたらいいな。
(Henning Schmiedtさんもドイツだしなー。笑)


写真にこんなに興味を持ったのは
写真家さんとの出会いや
写真に詳しい友達の影響。
写真の面白さを教えてくれる友達に感謝です。