2018-02-16

no title

最近
ご飯のお供への
執着心が半端ありません…。


土鍋で炊くホカホカご飯には
やっぱりご飯にのっけていただける
美味しい品々が欲しくなります。


今のピカイチのお気に入りは
阿蘇で作られた
しその実の醤油漬け。
なくなったから
何瓶かまとめて注文したところ。


先日WSに参加して
なかなか手に入らない無農薬の国産大豆と
無農薬の米麹麦麹で
初めて味噌を作ったのだけど
その時に教えてもらった柚子胡椒入り味噌がまた
絶品だったので作ってみようとか
豆腐の味噌漬けや高菜漬けとか
買ってみたりとか
一番収穫の海苔の佃煮とか
ご飯のお供がどんどん冷蔵庫に並べられていきます。


しその実の醤油漬けは
アトリエのみんなに話したので
一応アトリエの冷蔵庫にもひと瓶
入れさせていただきました…。




2018-02-14

no title

「しばしば私たちは壁につきあたります。
それはあまりに高くて
越えることができず
私たちはただ立ち止まって
その壁を見つめます。
合理主義は”これを越えるのは不可能だ
別なところに行こう”と言います。
しかし彼はそこに行くべきだったのです。
たぶん
そこにとどまり
根をはやし
木のように成長するべきなのです。
時とともに。
障害物を乗り越えるべきなのです。
壁を越すまでに
成長するべきなのです。」
『夢分析II』 C.G.ユング


石井ゆかりさんは
この文章を読んで
すくすくと伸びた大きな木が
壁の向こう側を悠々と見下ろし
豊かな実を結んでいる光景が浮かんで
今年の獅子座の風景だと感じたんだそうです。


少しでもこの風景に
近づけたらいいなと思います。



考えることすること
たくさんあって相変わらず頭はパンパンですが。
今度はどこに行こうかなと考える楽しい時間を
どうにか捻出しようと思ってます。

2018-02-10

no title

ゆっくり
公園とか森とか山とかで
ぼーっとしたいです…。
(現実逃避癖 発令中)


2018-01-26

no title

ここのところ
以前の自分の気持ちをなぞるかような
友人知人の想いに触れて
なんとなく読み返したこの絵本。


最初にこの「Today」という本を手に取ったとき
全く内容を知らず
何気に開いで読んで
不覚にもボロボロと涙が出て来てしまって
こんなところで読んじゃいけなかった…と
思ってしまったという
友人からのプレゼントだった本ですが。


読み人知らずの英語の
Todayという詩と
Rainbow Bridgeという詩を
伊藤比呂美さんが翻訳されていて
下田昌克さんの優しいイラストが描かれた本で
今読んでも涙が出てしまう詩です。


子育てに悩んでいる時は
どうしたらいいんだろうと迷路に入り込んでしまったり
どのこに対してもこの方法がいいという
絶対的な法則があるわけじゃないし
悩むことなく親になれる人もきっと皆無で。
これは多分
まだまだずっと続くことだろうけれど。


一緒に暮らす家族同然のペットたちが
自分の歳を通り越したり
病にかかってしまったりして
どうしたらもっと一緒にいられるか
どうしたら彼らが幸せだと感じてくれるか
一生懸命考えて。


この本は
そんな切ない
答えのないことに迷う気持ちに対して
それでいいんだよ と
優しく寄り添ってくれるようで。


今 自分もいろんなことで
あまりいい状態ではないかもしれないと自覚しつつも
大事な人たちに支えられてると感じられているってことは
きっと大丈夫だろうと。
自分にも それでいいんだよ と言いながら
この本を読み返して
友人知人にも
優しく寄り添ってあげられたらと
思うのでした。











2018-01-21

no title

今の自分の仕事も
そもそも
普通だと思って過ごしている日常も
毎年同じことの繰り返しではないので
仕事では定番になるものというものを作っていながら
日々変化があって
さらに
新しいことに対する判断を強いられたりします。


不安があって心臓がチクチクしたり
失敗して折れたり 笑
嬉しいことがあって心の中で飛び跳ねたり。
自分の中の感情の起伏も
相変わらず大きいのですが
強いて言えば
今までの
間違って恥ずかしかったことも
つらいと涙したことも
人に迷惑をかけちゃって申し訳なかったことも
全て 経験という
お金では買えないものを得ているんだと
歳を経るごとに感じることが増えていきます。


ここのところは特に
変化も大きくて
決断を迫られるような事柄も多くて
気持ちが乱れがちですが
そんなタイミングで
偶然かもしれないけれど
いろんな人から
もっと自信があったら とか
もっとこんな環境だったら とか
一歩を踏み出せないと打ち明けられることが続いて
自分のことを言われているのかと思ってしまうほどで。笑


自分にたっぷりと自信があって生きてる人って
いるんでしょうか。
いろいろ抱えながらも
友達に励まされたり
刺激を受けたりして
最終的には自分で自分に喝を入れて
過ごしている人がほとんどなのじゃないかと。
オトナになったってきっと繰り返すことで
ただ経験がある分
少しわかることがある程度で。


私から言えることはそのくらいしかないのが
申し訳ないけれど
今までたくさんダメだったなあーと思ってる私でも
わずかによかったことを糧に
自分を信じなきゃ!と
今ちゃんと生きて
さらに前を向いていこうと思ってるというのを
伝えてみました。
たくさんの決断を強いられている自分自身にも
言い聞かせるように。


伝わるかどうかわかりませんけどね。
私にとっては
改めてそうだよなあ と思わせてもらえる
いい機会になりました。


関係ないですが。
ひとつの事柄に対して抱く感情というのは
その人がもともと持っている考え方とか環境とかで違って
人の数だけあると思うのですが、
我が家のウリがこうやっていろんなところに
自作の窓を作ろうとしても怒れないのは
私が猫が好き過ぎてネコバカだからだろうと思うわけです…。


2018-01-15

no title

フランスでお世話になってからは
約1年ぶりだった去年の夏にも
帰国して再会していたK女史と
今回約半年ぶりに再会。


歳が同じせいなのか
彼女の会話の豊富さからなのか
離れていてもメールや電話などはしている方だけれど
会うとより居心地よくて
話が止まらず。笑
仕事の話もあり
全然関係ないプライベートな話もあり。
あっという間の1日でした。


彼女は本当によく話すのだけど
彼女ほど会話を楽しむのが好きな人は
いないんじゃないかと思うほど
会話のキャッチボールが上手いのです。
よく話す人というのは
一方的に言いたいことを話すだけの場合もあったりしますが
彼女の話し方は話し上手聞き上手。
「相手との会話」をとても大事にしているのがわかります。
会話を楽しむフランスで培われたものなのか
そもそもの性格なのか。(両方かな?)
こういうのを本当のコミュニケーションと言うのだなと
つくづく感じます。
頭の回転もきっと早いんだろうなあ。


仕事に関しては厳しい目線をちゃんと持っていて
でも情の深さもあって
ただ厳しい人だとは言い切れない人の良さを感じます。
そういうところがあるから
尊敬出来て
一緒にいて居心地がいいのかもしれません。


今回大事なメンバーでいろいろ話せてよかったです。
お遊びかのように楽しみつつ
ちゃんと仕事の話も出来ました。


また 同じ部屋に泊まって
超早起きだった彼女を送り出したのだけど
あまりの早さにもかかわらず
やっぱりハイパーな動きの彼女と違って
私はベッドの上から半分寝ぼけた状態でハグして
じゃあねぇ… またねぇ…と
そんなお見送りだったのが
ちょっと申し訳なかったな。笑


みんなでいろんな話をしながら
チャチャッとゴハンを作ってくれたCちゃん。
白菜とクリームチーズの前菜も美味しかった〜。
もう Cちゃんちの子になりたい。笑→餌付けされてる

2018-01-12

no title

毎日少しずつですが
寝る前などに
ピアノを弾いています。


ピアノを習っていたことはありません。
小学生だった頃
エレクトーンは習っていましたが
その当時から
楽譜を読むのがニガテで
音を聞いて暗記して練習するタイプで
グレードのテストを受けるのも嫌だったので
高学年になって辞めたような記憶があります。


今弾ける曲は耳コピで練習したもの。
なんのルールもなく
自分の好きな曲で
勝手気ままにやっているので続いています。笑
娘や友人には冗談で
「ボケ防止」と話してますが 
(いや その側面も大いに!!ありますが)
心を落ち着かせるのにとても良いのです。


いつの時もいろんなシチュエーションで
自分では誤解なんだけどなと思ったりすることや
自分を理解してもらえないなと感じること
相手を理解してあげられてないなという逆の場合も含めて
なかなか伝わらないことがストレスになることがあります。
ただそういう時
深読みをしないようにして
不必要に言葉を上塗りせずに
まずは自分の心を出来るだけ穏やかにしようと
心がけます。
自分の心が穏やかでないと
きっと誰の言葉も心に入っていきません。
自分が大切だと思う人の言葉も
入ってこなくなるのは
私の本意ではないのです。
どんな理由であれ
自分の心を穏やかにするのは自分の仕事だと思っています。


心を「凪」にするために
今はピアノがとても役に立ってくれています。
その「凪」になれる心を感じることで
より一層
自分も誰かの心を「凪」にするための
手助けが出来る仕事をしたいと思います。
いくつになっても
それを自分に言い聞かせて。
これからもずっと
それを繰り返しながらなんだろうなあ。


ミスタッチはまだするけれど
随分弾けるようになった曲は引き続き毎日弾いて
新しいあの曲もチャレンジしようかなと
目論んでいるところです。


誰かの前で間違えないように
弾けるようになったらいいなあと思いながら
毎日練習してます。:-))

2018-01-09

no title

今日
とある先輩オーナーさんから
ちょっとした事に対してのお礼のメールが来ました。


何かにつけ
仕事のあり方
心の持ち方
いろんなことをお手本にさせてもらっている人で
でも友達のように親しく接してくれる
気さくさもあって。


ちょうどまた
近々行きたいな と思っていたタイミングだったので
そのささやかなメールにとても癒されました。


そこに勤める友人と
仕事についていろんな話をしていると
私がそのオーナーに考え方が似ている と
言ってくれることがあります。
お手本にさせてもらっているからか
それとも私のダメな部分が彼女にもあるのか 笑
わかりませんが
恐れ多いと思いつつも
同じ方向を向いているんだなと思える人が
近くにいるというのは
とても大きな励みになります。


また近々お邪魔して
ハグしてもらおうと思います。笑


これからまた寒さが厳しくなるんだろうな。
ちょっと風邪気味なので悪化しないようにしないと。
くしゃみを3回連発しながら
葛根湯飲んでしのいでます。笑
皆さんもどうぞお気をつけて!



2018-01-02

no title

あけましておめでとうございます。
ここにアクセスしてくださる方は
どんなお正月をお過ごしでしょうか。


私は
年末に年賀状とプチ旅行とお餅つきと
お正月の為の食事の作り溜めをしたので
(お節とは言い難い…偏食家の多い家族なので
彼らが食べられる内容で数日保存が効くものという料理)
大晦日の夜更けから元旦までは
なんとかゆったりと過ごせたお正月です。


2018年も
毎度のno titleで
その都度を脈絡もなくつぶやいていきますので
どうぞお暇の許す限りおつきあいいただけましたら。:-))


年末年始は
帰省していた娘の言動行動に相変わらず振り回されつつ
普段滅多についていないテレビが
娘のおかげもあってずっとつけっ放しで
お笑い番組を観て涙を流して笑ったりしてました。笑
いやほんと
笑うって大事です。
例えばですが
なんか悩んでいたりしても
お笑い観て涙流して笑ってると
些細なことやん!と気持ちの切り替えが出来たりします。
(昨日は ベタかもですが
博多華丸大吉とノンスタイルに激笑いしました。
観た訳ではないですがウッチャンの笑いも好きです。
あ 今すごく悩んでいるというわけではないです。)
娘がお笑いに詳しいので
こんな帰省時は新しいお笑い情報をいろいろ教えてくれたりして
重宝してます。笑


今年はどんな風に1年を過ごしていこうかなんてことを
ふんわりと思いながらでもありますが
やっぱり「楽しく」です。
仕事でもプライベートでも。
「楽しく」を仕事の基準にしてると言うと
ふざけたように思われるかもしれません。
使うことで暮らしが楽しくなったり
居心地が良かったり
触れることで癒されたり。
その人の気持ちと暮らしにプラスになるように
手助け出来る道具でありたい
というモノヅクリをしたい場合
作ることに携わる人たちの心持ちがどうであるかが
とても関わってきます。
まず自分たちが率先して
暮らしを大事にして
笑顔を大事にして
まず自分自身を大事にしなければ
出来ないことだと思っています。
そしてこれは
プライベートにも共通していること。
自分が自分を楽しんでいると
そういう人と出会っていきます。
楽しいが連鎖するほど
楽しいことはありません。


もしもそれが合わなくなったら。
それを強要する必要性はありません。
寂しさもありますが
お仕事でもプライベートでも
ご縁がなくなることはあります。
お互いそういうタイミングだったり
そんなご縁なんだろうなと思うだけです。
それはドライなことではなくて
相手を想い尊重し
自分自身をも尊重するからこそだと思ってます。



そういう気持ちで。
今年も過ごしていけるように
意識していきたいなと思います。


猫ばっかりですみません…。
暇だらけな猫たちですが
私の隙を常にうかがって抱っこ!と要求するツナ。
普段よりも家にいるせいか 甘え方が尋常じゃないツナとウリ。
でも子供達ももう甘えてくれないので
しょうがないなあと言いつつ嬉しかったりします。笑
椅子に座っていると足元で「あー」と か細い声で鳴いて
膝に乗りたい〜〜と要求するウリ。
寝る時は布団の中にも入ってきます。
朝目覚めたら大抵布団の上に移動してますが
私が目が覚めたのに気がつくと
また入れて〜と入ってきます。
(だから余計起きれなくなるんだ。そうだそうだ。)

2017-12-29

no title

月末の処理やら残っていた業務を
自宅の片付けや年越しの準備などと並行しながら
自宅マンションと
アトリエ&ギャラリーのマンションを
行ったり来たりな年末。


1年いろいろあったなぁと思いながら
ありがたい気持ちになったり
来年も楽しんで過ごせるようにしたいなと
ほんのりとワクワクしてみたり。
やっとやっと
12月が終わろうとしていることを実感してきました。


自分と
自分の周りと
自分と関わりのない人も含めて。
来年もいい年になりますように。



今年は体調も不安定になりがちだったけど
美味しい物にも恵まれました。
Christmasにいただいた豚骨と和風だしのラーメン。
まだ進化中らしいけど、すごく美味しかったなー。
めっきりお菓子作りなんてしなくなったけど
このタルトタタンを食べて、うわぁ…と幸福感を味わった時
たまには自分も作ってみようかな なんて思ったりしました。
いつもご馳走になってる方にいつかお返ししたいな。