2019-03-23

March 23 2019

時々ツボにはまったように
夜な夜な映画を
数本立て続けに観てしまうことがあります。


そのおかげで朝寝坊してしまい
お目苦しいスッピンで
配達の荷物を受け取る羽目になったりするので
ハズカシイやら
モウシワケナイやらと思うのだけど。
…気をつけます。


最近観た映画
ジャンヌ・モローの衣装はほとんど
自前のシャネルだったそうです。
好みとは違うけれど
いつの年齢になっても身なりを自分らしく整えることは
生きていく上で
ひとつの大切なツールだと思います。


歳を経ることで
いろんなところが少し前と変化していくので
そのことが怖くないとか寂しくないかと言えば
嘘になるけれど
削ぎ落とされてよくなっていく部分もあったり
迷うことが少しは減っていくことを
受け入れていくのは楽しいと言えるかもしれません。




2019-03-03

March 03 2019

最近
うとうとの前や
目が覚めてまた眠くなるまでとかの隙間に
本を読んだり
映画を観たりしています。


CDのオーダーもいろいろ。
きっとなにか吸収したい時期なんだろうな。


音楽がとにかくいいです。
サントラ版をオーダーしてしまいました。




amazon prime videoで観れます。


これも偶然見つけたアルバム。
h hunt
今回のCDオーダーも
ピアノ曲が大半を占めました。
心地いい音色です。


2019-02-13

February 13 2019

2泊で東京へ。


お世話になっている工場の方と
オリジナル生地を作ってもらっている方と3人で
夜お食事をする約束をしていたので
それ以外はほぼほぼオフで
美術館三昧でした。
なかなか自分で調べてもいい展示が見つからなかったので
奥の手で情報ツウな方に尋ねてこの2つを観に。


21_21 DESIGN SIGHT 民藝 Another Kind of Art

東京都庭園美術館 岡上淑子 沈黙の奇蹟


展示は見応えあって満足。


昨年12月に行った時は青山近辺のみ徘徊し
一泊の後すぐに新潟へ移動したので
あまり東京に行った気がしていなくて
久しぶりだな〜なんて思っていたら
そういえば2か月前に来たばかりだったと
自分の記憶力の低下をまた痛感することになったのでした…。


メトロ移動中
相変わらず逆方向に乗ってしまって
工場の方たちに笑われて
待ち合わせを放置しようかと思った と
いじわるされるところだったり。
(本当はとってもいい方たちですごくお世話になってるのです。)


ドジさはいくつになっても直らなさそうです。


まあ
手前味噌だけれど
自分の服のおかげで
寒さにまったく問題なく過ごせたので
よかったとしましょう〜。


図録を買いたかったけど
ものすごく分厚かったので諦めました。
だって重いもん。

展示と建築に興奮した気持ちをクールダウンするべく
庭園美術館敷地内の庭を散策。
梅がまばらに咲いててかわいらしかった。
晴れた日にもまた来たいな。


めずらしく赤坂に泊まったのですごく近かった日枝神社へ。
たまたま行ったけれど仕事運UPだとか。
しっかりお参りしました。
雪が降っててキレイでしたよ。

2019-02-07

February 07 2019

先日 
(ちゃんと)考えてる?と投げかけられ
まだ… と返事をしたのですが
今年の修行についてを
また考えないといけないタイミングです。


本当にここ数年
忘れっぽいことに拍車がかかっていて
あれだけ 感じたことを心しよう と思ったのに
昨年のことがもう
ぼんやりしつつあります。


それではイカン と
写真を見返したり
前のひとりごとを読み返したり。 


先月
自宅マンションのエレベーターに乗ろうとして待っていたら
別フロアの年上の女性がご夫婦で後ろにいらっしゃったので
こんばんはー といつものように挨拶をしたら
「えっっ???」と驚かれたので
私も「えっっっ???」とまた振り返ったら


このバッグ 私も持ってるわ!! と
私のバッグを指差して
すごい驚きつつ笑顔で叫ばれて。 笑
私が持っていたそのバッグとは
コペンハーゲンのスーパー Irmaで買った
スーパーのロゴマークの女の子
Irmaちゃんの刺繍が入ったshopping bagでした。


え、貴方いつ行ったの?
私 去年行ったのよ!!
素敵なところよねデンマークって。
まさか こんなところで
コペンハーゲンに行った人と会うなんてびっくり!!


と 相当嬉しそうに話してくれたのでした。


私まで嬉しくなって
いい街ですよね なんて返したりして。
そのバッグ もったいないかなと大事にしまっていたから
私も明日仕事場に行くのに使うわ!と
ニコニコ笑顔でエレベーターを降りていかれました。
お辞儀をして見送りながら
かわいい女性だなあと思いながら
嬉しいひとときだったのです。


そんなこんなもあって
せっかく貴重な修行をした日々を
もう一度しっかり振り返ってから
足りなかったことをまた次の修行で生かせるようにと
思う2月なのでした。


コペンハーゲンの中心部にはあちこちにあるIrma。
場所によって小さかったり大きかったりはするけど
スーパーでの物色は海外にいく楽しみのひとつ。

手袋の形が可愛かったブレッドコーナー。
子供のように 日本との違いが新鮮で面白い。


2019-01-27

January 27 2019

ギャラリーの店番中。
お客様が来てくれたり
そうじゃない時間は仕事をしたり
息抜きにコーヒーを入れたり。


普段 アトリエでみんなとパタパタ仕事している時も
慌ただしいなりにとても楽しいのだけど
ギャラリーの店番を今年から増やしていて
ここで過ごしていると
お客様と話すのが楽しかったり
自分の集中出来る時間を持てたり
また違った時間を過ごせることに
なんだかよいなぁ と思ったりしています。
(しっかり他で休みの日を取らないと
家が散らかってしょうがないですが…)


私はよく
パソコンでも携帯でも
icloudで随時同期している
メモ というアプリをすごく使っていて
忘れん坊なので
仕事のタスクから
忘れちゃいけない走り書きまで
いろんなことを書いているのですが
あるメモの履歴を探している時に
去年の3月にネットニュースの記事を貼り付けて
保存していたのが目に入って
今 改めて読み直してみました。


こういう広い視野を持ちながら
あくまでもマイペースな人になりたいなと
ここのところより痛感していたところでの
読み返しでした。


実は
誰かに言われたわけでも
注意されたわけでもないのに
時々理由もなく自分を責めてしまうタイミングがあります。
なにかが自分に対してのダメ出しに聞こえたり
物事がうまく進んでいないのは自分の判断ミスのせいだと思ったり。
そういう時
視野が狭くなってて
誰かの意見やらが頭から離れなくなっていたりします。


でもそれをどう受け止めて処理するかは自分次第。
自分はそれがもうわかっている大人だと自覚していても
それでも
時々そういう波に襲われることがあります。


テニスの試合を観てても
(なおみちゃんの決勝は素晴らしかった!)
それに打ち勝ったからこそのタイトルなんだと
手放しで感動してしまうのだけど
彼・彼女と自分は違う とつい思いがちです。


やってることは違うけど
気持ちの持ちようは同じように出来るはず。
そう素直に思える邪気のない気持ちを持ちたい
そして きっとそうなんだよ と
子供たちにも伝えていきたい
改めて思う昼下がりなのでした。


机じゃないところを机にして
お客様がいない時間は仕事したりボケっとしたりしてます。
考える時間にしたい時になかなか集中出来るのは
この狭さもよいのじゃないかと思ったり。


2019-01-23

January 23 2019

のんびりしたかった1月も
あれよあれよと言うまに終わりに近づいてます。


やらないといけないことや
やりたいことや
タスクをチェックするべく
リストアップしているんだけれど
アトリエに出てくれば他の作業が目白押しで


みんなが帰る時間になる頃
あれ 私 今日なにしなきゃいけなかったんだっけ


となってしまうという
また今年もそんな年明けを迎えております。笑


だからこそ
慌てないように
焦らないように。
気持ちを落ち着かせようとすることに
意識を働かせています。


寝るまえには
あまり携帯を触らないようにしているのだけれど
確認しなきゃいけないことがあったので
メールなどを見ていたら
時々お買い物をするサイトからメルマガがきていて
そんなメルマガも普段はすぐには開かないのだけど
たまたま
本当にたまたま
開いたら。


大事なのはどんな仕事をするかでなく
どう仕事をするかだった


という
一田憲子さんのコラムが載っていて一気読み。
なんだかとっても腑に落ちたのでした。


いつも駐輪場で会うおじさんが笑顔で声をかけてくれることが
温かい気持ちを感じられる楽しみだそうで
そんなおじさんや生き生きと働いている人に出会うと
「仕事ってなんだろう?」と思うのだそうです。
成し遂げたことの形や大きさからではなく
もっと違うところからやりがいや充実感を求めてもいいのではと。
コラムでは
笑顔と挨拶だけで人を幸せにできると信じられたら
仕事の仕方も毎日の心の持ちようも
変わってきそうです と締めくくられていました。


本当にそうだなあと。


どういう気持ちで物事に向かうか
どんな想いで動くか。


外側からどう見えるかを意識しすぎるよりも
自分の内側の部分がとっても大事だと
日々思いながらも
こうやって素敵な人もそう思ってるんだというのを読んで
なんだかほっこりするというか。


おかげで心地よい眠りにつけた気がしました。


先日 海外からオーダーをいただき国際郵便で出荷していました。
そのお客様からとても喜んでくださっているメールが届き
すごくすごく嬉しい気持ちになりました。
この気持ちをこれからも持ち続けていきたい。

今年もまた喜んでくれる人がいれば
大変だけどたとえ遠い場所でも行けたらいいなと思います。


2019-01-01

January 1 2019

あけましておめでとうございます。


ギリギリになって急に冷え込んだ年末年始になりましたね。
体調を崩されたりしていないでしょうか。
そして
みなさまどんなお正月をお過ごしでしょうか。
スタッフのひとりは北の方へ帰省していて
年明け出勤しなかったら雪で戻れなかったと思ってください〜と
いいながら仕事納めをしました。
無事に出勤出来るといいのですが。笑

例年にまして
パタパタとしていたような気がする2018年。
後半はほんとうに慌ただしい中にもいろんなことを思い
年末は反省しっぱなしでした。

blogにも書きましたが
今年でSARAXJIJIを始めて丸19年になります。
数字で見ればよく続いたなと思いますし
気持ちではまだまだ未熟だという思いもあります。
19年もやっている仕事なのだから
プロ意識は持たねばと思うのですが
いつまで経っても日々勉強。
そして毎年 丁寧に過ごせていない…と反省し
今年は!と思うのですが
振り返るとやっぱり
慌ただしく思慮の浅い自分の行動に一喜一憂しています。

でも
これだけ続けてこれたことは
やっぱりまわりの方々 関わってくださっている方々のおかげ。
よしと信じてくださっている方々に報いるために
これからも試行錯誤はするのでしょうが
こんなダメなところがある自分でもよいのだ と思い至っています。

先日
新潟でIさんHさんとお話していた時。
彼女達も今の仕事を始めて
私と同じくらいになろうとしているそうです。
私が娘の誕生とともにこの仕事を続けてきて
その娘がようやく喜んで着てくれるようになったのが嬉しいと伝えたら
自分達も学生からすぐに今の仕事をはじめたから
最初の頃は身内から認めてもらえてなかったけれど
いまでは一番の理解者なのが嬉しいことだから
すごくよくわかります という話になりました。

50歳だとか
20周年だとか
それもただの通過点でしかないのだけれど
その節目に辿り着けたおかげである
いろんな方への感謝の気持ちは
いつもよりもしっかり意識して過ごしたいと思います。

自分のやれることで
誰かの為になるような仕事を
これからも続けていきたいと思う2019年の元旦なのでした。



今年からショッピングバッグを残布で作ることに。
効率と手を掛けることとのバランスが
いつも悩ましいのです。
本当は効率をあげなきゃいけない年なのでしょうが
そこを敢えて丁寧に手をかけることを意識したいです。

2018-12-21

no title

あっ…という間に
もう年末です…。
毎年同じことを言ってますね…多分。


先日 ちょっとした贈り物を各方面へ送っていました。


その中で
いつもいつも丁寧に日々を過ごしているイメージの方が
今はなかなか思うことが出来ないことに日々焦りを感じていたそうで
(とてもそんな風に見えないのだけど)
そんな時の贈り物がいいタイミングだったようです。
電話口でとにかく喜んでくださっている様子で
それがあまりにも嬉しかったので
恥ずかしながら話したことがあって。


自分も子供が小さい時は時間が足りなくて
なにもかもが中途半端なような気持ちになってしまっていたから
それを思えば
今の私の相変わらず丁寧に過ごせていない
とっちらかった日々でも
ずいぶんマイペースで過ごせるようになっていて
きっと そんな時期は
ずっと続くわけではないから焦る必要は全然ないよーとお伝えしました。


もちろん
基本が毎日パタパタと過ごしてしまうような私と
ひとつひとつを丁寧にささやかなことにも感じて行動して という彼女とは
いろいろと違うことも多いと思うのですが
話を聞いていた彼女は
今日1日がいい日になりそう と喜んでくれて
私のことを
丁寧なところと力の抜き具合がきっと
バランスがいいのだと言ってくれて。


ほんの些細な気持ちを贈ったことで
飛び跳ねたメールが届いたり :-))
ムービーが届いたり
思った以上のあったかい言葉と笑顔を
いろんな人から反応がある度にもらえて
私が贈り物をたくさんもらった気分になってしまったのでした。


誰かが喜んでいるのを見れるって
喜びなのですねえ。


こんなにまたすぐ行くと思わなかった新潟。
季節は寒かったけど
ここにもあったかいなあーと思う
言葉と笑顔がありました。


2018-11-21

no title

少し考え込んでいたことがあって
始めは感情的になっていると
自覚していたんだけれど
冷静になっても
なんでこんなに違和感があるのか
ずっと自問自答していました。

ひとりで考え込んでも
いい答えは出ないことはわかってても
考えずにはいられなくて
自分を正当化したいだけなのかとか
もらったアドバイスも然り   と思いながら
どうしたもんだろうと。

そのタイミングでその数日の間に
いろんな人たちに会えて
ただなにげなくコミニュケーションを
とっただけで
なんとなく自然に答えが出たような気がします。

それでいいんじゃないの?と
まるで教えてもらったかのように。
具体的に内容を説明したわけでも
悩んでると伝えたわけでもないのに。

存在を大事だと思っている人たちや
そのおかげで出会えた人たちに
そう思わせてもらったということは
自分が大事にしていることを
尊重していいんだなと。

私は自分が頑張れることを頑張ろう

ストンと腑に落ちることが出来た
ありがたい学びでした。

日々
いつでも
いまだに
勉強中。

2018-11-17

no title

昨日帰宅したら
中3の息子が塾が休みで家にいたので
夕飯を作る前になんとなく
休憩しようとおやつに誘ったら珍しく 
一緒に食べる と
部屋から出てきました。

この数年間
彼にとっていろいろあったけど
彼なりに少し脱出しつつあるようで
もともとよく話してくれる方だったからか
最近はまたいろんなことを話してくれるようになりました。

思春期の男の子って
本当によくわからないと痛感していた時期が長かったので
こうやって話してくるだけでも
いまはホッとするのだけど

ちょっとした仕事の悩みをポロっとこぼしたら
さりげなく
慰めてくれるようなことを言ってくれ
なんだか キュン となりました。
まるで 町田くん(お気に入り)かと。笑


彼は大丈夫なんだ
そうやって友達とかによくしてもらって
それをちゃんと返せているんだ
と思えた微笑ましい時間でした。

優しい彼女とも続くといいけどなあ。


今年最後の月を前に
いろんなことを考えさせられているこのタイミングで
6月に出会った彼が日本に来て会えるのは
何かの答えのひとつなのかなと思ったりしてます。