2017-08-12

no title

去年からずっと
悩んでいたのだけど
お誕生月だし
仕事に必要だし
レンズも持ってるのを使えるし


とかいろいろと理由を自分で付け足して
えいっ!とオーダーしていた
新しいカメラが今日届きました。


素敵な写真を撮る
Sさんがleicaを持っていらっしゃるので
実はleicaも検討していたという
不届者ですが 笑
調べれば調べるほど
手に負えなさそうで
支払いも怖そうで。 
手持ちのパンケーキレンズと
マクロレンズと
望遠レンズの3本のレンズを生かせる
rumixでレベルアップすることに。


操作も今までのと似てるので
使いやすそう。
ちゃんと仕事に生かせるように
お勉強します。笑


デスクの前で座っている人を撮ってみる。
今時は標準のwi-fiで携帯に飛ばせる機能は嬉しい。

2017-08-09

no title

みんなのおかげで
考える時間があることに
ただただ感謝。


あとは
それが少しでも
誰かの為になったらいいな
と思いながら
進めていきます。




2017-08-08

no title

台風がそれて
ホッとしたのもつかの間。
今月は誕生月です。
歳をとるという
ある意味「老い」へ向かう月なのに
気持ちはいつも
なんか楽しいことがありそうだなあと
ワクワクする月でした。


今年の8月は
まだそういう気持ちになれず
頭の中がいろんなことでいっぱいで
そのせいで漏れていると思っていたのが
実は
いよいよ年齢のせいなのかな…と不安になったり。


30代が精神的にすごくきつかった記憶があって。
30代から40代になった時に
気がつけばひとつ皮がむけたような
楽しさや気楽さを感じられるようになったのだけど
今の私は
40代もやがて次の年代へと移行する時期だからか
そういう風に
節目みたいな時期なのかなと思ったりしています。


そんな時に見つけて
面白いなーと思って読んだ
ほぼ日とAERAの特集。
40歳は、惑う。 という記事。


糸井さんの「ゼロになって、ちゃんともがく」も
宮沢りえちゃんとの対談も
ゼロになる40代から何でもできる50歳へという記事も
興味深く読みました。


衣食「楽」足りて礼節を知り
40代はツケを払ってキレイになる時期
ゼロになってもがく時期で
50になると 結構何でもできる


という2人の言葉が
これからがさらに楽しみにも思えて
妙に納得がいったのです。


歳を経ていくことをつい
ネタにして
老けてしまったというような話を
してしまうことも多々ありますが 笑
無理に若返るのとも違う
今の年齢を受け入れつつ
だからやれない ということもなく
いろんなことを捨てる勇気もありつつ
また新しいことを拾う好奇心も持ちつつ
ゆるりと過ごして行けたらいいなあ。


数年後50歳になる日を楽しみに。
そんな気持ちで過ごしたいな。


1世代下のお友達だと
こんなに小さい子どもちゃんに会える機会があって
すごくすごく嬉しい。
遊んで「もらってる」感が半端ない。笑
それってやっぱりもう”孫”目線なのかなあ とは思う。笑


2017-08-06

no title

台風が近づいているので
仕事場での業務を諦めて
パソコンやら何やらを取りに行って
自宅で仕事をすることにしました。


自宅で仕事をしていると
小さな子供が邪魔するかのように
猫たちがいろいろとちょっかいを出してきます。
パソコンの向こう側でだらーんと寝てる時は
微笑ましいのですが
糸や生地が大好きなツナは
スワッチを漁り始めたり
かまってちゃんのウリは
テーブルに置かれた小さな作業グッズを
ちょいちょいと前足でつついて
落としまくったり。


紙を小さく丸めてポイ!と投げると
2匹とも
びゅーんと走って追いかけるので
そうやって気をそらしながら作業します…。

バッグの中の生地スワッチを物色中。
なんで糸とか生地が好きなんだろう…
ツナのいたずらの様子をじっと眺めてるウリ。







































近々いらっしゃる予定だと伺ってはいたけれど
昨日サプライズでお越しくださったある方々と
いい時間を過ごしました。


緻密な計算が得意でありながら
おおらかさを感じさせる彼と
感覚で動いているというけれど
独特のセンスの良さを思わせるのが
羨ましくも微笑ましい彼女と。
2人の空気感がそう感じさせてくれるのかな。
そんなことを思いながら
笑ったり
時に心を揺さぶられたりしながら
いろいろな話を久しぶりに聞かせてもらいました。


本人たちを見てると何事にも肩の力が抜けていて
でも 相手へのさりげない配慮が
全く押し付けがましくなく ほんわかと温かで。
そして彼らから生まれたものを見ていると
単純に好みでもあり すごいなと思わせてもらえる。
そんな人たちとの会話は
年齢やシチュエーションを問わずに
共鳴しあえているようで嬉しくなります。
ありがたい存在です。
また会いたいなあ。

2017-08-03

no title

今日の出来事。
新しい仲間が初シフト。
より楽しくなりそうでワクワク。

オーダーしていたものが届く。
仕事がひと段落してからパラパラめくる。
じっくりゆったり眺めたい。

アトリエから隣のギャラリーへ
バルコニー伝いに行くときに
眺める景色に
いつもと違う表情を感じてパチリ。

じっくりじっくり眺めたい。

味わいのある空間。
自分の居場所もこんな空気感のある場所にできたら。

暑いのに空気が澄んでるのか
向こうの山がくっきり。

今日の月は11番目の月。
あと少しで満月。


2017-07-29

no title

綺麗で涼しげな音色。


2017-07-22

no title

熊本も先日梅雨明けしたようで。
毎日暑い日が続いてますね。


中2息子も夏休みに入り楽しそうなのが
なんだか微笑ましかったり。
今日は友達と
自由研究とかなんとかで
なぜか我が家のキッチンで
料理をしている様子。
一体なんの研究なんだろう。笑
娘は来月には帰省してくる。
また賑やかになります。


なんとなく今年の後半の仕込みが
まとまりつつ。
来年前半の確認をしながらですが
去年よりも落ち着いてます。
去年の今頃は
やっと通常業務が普通に出来るようになって
慌ただしくなり
コンセプトブックの取材や
パリ展示のミーティング
諸々の書類作成や申請手続き等々で
本当にハードでした…。
楽しいこともたくさんあったし
忙しい事でいろいろと救われてましたけど。
去年とは違った業務の悩みはありつつ
今年はスタッフみんなの仕事ぶりも
パワーアップして来ているし
だから少し
気分的に余裕があるような気がします。


ずっと出来なかったWEB SITEの修正をしたり
ギャラリーの片付けをしたり。
アトリエもまた散乱して来たので片付けなければ。
(これは私の机の周り限定)
SSの展示が終わったと思ったらまたすぐに
AWの展示が始まるので
夏バテしないように気をつけなきゃ。


暑いですね が ご挨拶のこの頃。
みなさま本当に体調お気をつけください。


オレンジシャーベットを食べながらの事務処理。


2017-07-18

no title

自分は情報収集に疎いほうだと思います。
さらに昨今は
可能な限り不必要に情報が入って来ないように
コントロールしています。


というと聞こえがいいですが
振り回されたくないというだけ。
いかに自分が情報に振り回されやすく
ダメージを受けやすいか
痛感しているからです。


価値の判断がいかに知られているかというだけの人と接するのも
ニガテだからかもしれません。
先日そういう方とお話しする機会があり
その方も有名だったようですが
何を伺っても疲れてしまって
どっかりしてしまったり。笑
会話の楽しさって
何をどれだけ知っているかを披露することではなくて
そのことについてどんな風に思うかというところまで
言い合えるかどうかなんじゃないかと思っていて。


ただ必要なことにアンテナを張るのは
大事なので
ここのところはそれすらも疎かったなと
思っているところです。


先日在廊させていただいた際
オーナーご夫妻といろんな話をしましたが
彼らは悩みながらもとにかく情報に触れていらっしゃる。
弊害もあるのを実感しつつ。
私はそれで疲労してしまって
「いろんなものを選んで置く・伝える」という形態を
持てなくなりましたが
それでも生み出す人たちとたくさん繋がっていくことは
刺激的であり仕事の糧になるんだろうなと思います。


そういうことを考えていたから
久しぶりに知りたいと思うことから派生して
とことん情報収集してみよう と思い
とあるキーワードを検索してみました。
本当は足を運んでやりたいですが
まずはWEBでリサーチから。


検索すればするほど
広い海に投げ出された感が半端ないのですが
それでも気になる方へ流されてみます。
そんな時に見つけた写真集がこれ。






















ドイツの小さな出版社から出ている
写真家のアトリエを撮影した写真集「The Mill」。
アトリエ というものにとても興味があるのだけど
紙の裁断所だったところをアトリエにされていたのだそう。
見てみたい!と
いろんなところでSOLD OUTだったのを探しに探して
オーダーしました。


で。
最初に見つけたThe Millの詳細をチェックしたPOST。
まだ出張の時に行くタイミングを逃している
行きたい場所なのですが
リンクにB&Bさんが載ってました。
なんか嬉しい。
B&BさんはNo.0を置いてくださっている
下北沢にある本屋さん。
BookとBeerの略が名前のB&Bさんは
長いことSXJの愛用者で
アトリエにも遠方から2回もいらっしゃった方が
サダさん千歌ちゃんとも知り合いというご縁で
ここにお勤めしていると知ったお店。
No.0を置いてくださる時もとても喜んでくださって
いろいろと妄想もしてくださっていて。
わかってくださるところに委ねられるのは本当にありがたいです。
ここも今度の出張の時に行くつもり。


こうやって自分の好きに繋がる情報収集なら
たまにはしなきゃ と思います。


こんな本屋さん近くにあったら入り浸るのになあ。
numabooksの経営だと知ったのも先日。
こういうのは知ることが楽しい。

2017-07-12

no title

次の企画の準備や展示会の準備などで
なんとなくアワアワしていた先週末から今週明けにかけて。
10日には待望のコンセプトブックの納品がありました。


ずっと各方面へご案内していて
喜びと失望と両方の感情を感じながら
コンセプトブックを手にしたらきっと
ブルーな気持ちなんて吹っ飛んじゃうだろうと思ってはいたけれど
仕事でもちょっとうっかりミスがあり
なんとなーく気持ちが落ち気味で。


そんな納品の日
スタッフがサプライズでお祝いをしてくれました。
全くもってそんなこと想像もしておらず
今思えばギャラリーのテーブルの上に
不思議な物体があったのは明らかに「何か」だったのに
ちょっとブルーだった私は
ヒモを引っ張って と言われるまで
全くもって気がつかず。
なので 喜びも倍増でした。笑
みんなで大笑いしたのだけど
正直涙が出そうでした。


こんな風に一緒に仕事をしているメンバーが
コンセプトブックの出来上がりを喜んでくれてること
制作してくれたThis designのおふたりも
とてもいい仕事をさせてもらえた と言ってくれていること
この本の完成を一緒に喜んでくれた身近な友人たち。
この仕事もこのご縁もこれからの私にとって
よりかけがえのないものになったことだけでも
すごくすごく
プラスだったことを改めて実感させてもらえました。


誰かに伝えるためのものでもあり
自分に喝を入れたり
振り返ってより気持ちを強くしたりするものでもあり。
そんな大事なものが手元にあるって
嬉しいことだなと。


出来上がってきた日の夜
ベッドに持ち込んで一緒に寝ました。笑
しばらくこの本と一緒に過ごす夜が
心地いいだろうなと思います。

Tちゃん手製のくす玉。
ボトルはノンアルコールのスパークリングジュース。
乾杯のために準備してくれてました。

くす玉の中の垂れ幕には手描きのSXJロゴとNo.0の文字。
紙吹雪の中に小さな黒猫も。
Tちゃんの芸の細かさが胸に染みます。笑
この空押しのタイトルロゴがお気に入り。
This designのサダさんチカちゃんがつけてくれた
No.0の「0」にはたくさんの意味を込めてくれています。
このドットともリンクしてるんだろうな。



2017-07-06

no title

大雨であちこちに被害が出ていますね。
幸いこのあたりは大丈夫なのですが
自然災害にはかなり敏感になっている地域なので
これ以上被害が出ないようにと願うばかりです。


今年の半分が終わり
仕事でのメールのやり取りでもそんなフレーズが出てくる
この頃です。
焦ってはいないんですが
日々時間が過ぎていくのが早くて
ひとつひとつを大事にしたいし
ありがたいなあ という気持ちでいたいと
より感じます。


近々ようやく出来上がってくるコンセプトブック「No.0」のご案内を
各方面へしているところですが
まだまだ手にとってもらっているわけではないからか
反応があると思っていたところからなかったりして
そっかあ…
なんて寂しく思ったりしていますが 笑
そんな中いち早くご連絡くださる方々は
本当にいつも気にかけてくださっているところで
やっぱりそこで「ありがたいなあ」という気持ちに
させてもらってます。


少しでも共感してもらえる人に
手にとってもらえたら。
という希望は持ち続けていきたいと思います。


そして今日
そんなことを一緒に感じながら
仕事を共有出来るメンバーになるだろう人と
いろいろ話が出来ました。
これからがとても楽しみです。


これがカバー。本体は空押しでタイトルが入ってます。