FEBRUARY 09 2020

出張明けで今日はカラダ休め。
家事もゆるゆるとしながら
本を読んで映画を1本。


今回の出張はもともといつもと趣が違う内容でした。
打ち合わせ2件と新規取引先への訪問が1件と
プライベートの集合が1件。
オフタイムも出来そうだったので
ちょこっと美術展に寄り道出来たらというのも
頭には入れてました。
実際行ってみたらやっぱり
すべてがいろんな意味で違った時間でした。


どう趣が違ったのかというと
うまく説明は出来ないのだけど
もちろんとても充実していましたし
楽しい時間ばかりだったのですが
しりとりのような
数珠繋がりのような
答え合わせのような。
無作為に手に取ったパズルのピースを
なにげに置いたところに
パチっとはめることが出来た気持ちのような。


言葉にするにはまだまだ
語彙が足りないし
いままで続けてきたつもりだったことが
始まりだったみたいに
これからもさらに模索するのだろうと思うのですが


ひとつ言えることは
拠り所を見つけることが出来たような気がする
ということです。


ごくわずかな友人同士しか知らない
ある友人の10何年も前の出来事を
私自身は消化してきたつもりだったことが
全然消化出来ていなかったこと
無意識に蓋をしてきていたようで
罪悪感さえ持っていたのを忘れていたことに対して
本当の意味はこうだったのかもということなどが
ここしばらくの選択や出会いから至ったものを
味わったことで
うわっと表面に出てきて
その時の自分の反応にびっくりして
そしてその後
なんだかストンと腑に落ちたのです。


必要な時に必要なことが与えられるという
タイミングがあるんだろうなと
改めて感じることが出来た出張でした。



この小説を買っていながら
読む時間がなくずっと積まれたままでした。
このタイミングでこの映画を観たのは
きっと偶然ではないんでしょう。
自分でも無意識だっただけにびっくりです。
この数日を経て
このタイミングに観たからこそ
きっと今日のように感じたんだろうなあと思います。


0 件のコメント: