2018-04-28

no title

普段 情報収集に長けていない私ですが
たまたま見かけた記事
n100が終わることを知りました。


好きなブランドのひとつで
方向性とか
ブランドを立ち上げた大井さん橋本さんが
とても素敵で
近づきたくても近づけないような
でも心のどこかで尊敬しているような
そんな存在のブランドでした。
なんでだったかは覚えていないけれど
昔 メールのやり取りをしたことがあって
大人の女性の文章で
カッコいいなと思ったりして。


ブランドって終わるという感覚がなくて
しかもとても愛されていて
ずっと続くと思えていたのに
なんでなんだろう って
すごく気になったのですが
記事を読んで
いろんなことを感じました。


自分も気がつけば
この仕事を始めて18年経っていて
最初の頃は本当に
今のこの状況を想像なんて出来なかったけれど
続けてきて勉強させてもらって
たくさんの人に助けられて
変化しながらも変わらない部分を持ち続けてこれたから
今があると思っていて。
気持ちと身体が続く限り
続けていきたいと思っているけれど
彼女たちのようにいつかこれから
いろんな決断する中で
終わるということもあるのかもしれないのかな
と思ったりします。
ずっとアパレルの世界で頑張ってきて
50歳で立ち上げて10年経って60歳の決断。
そんなキャリアとは違うけれど
私はこれからその年齢の域にたどり着こうとしていて
未知の世界。
気持ちではもっといいものを と
未だに模索しているし
チャレンジ中でもあるのだけど
今の時点でも
彼女たちのように
自分の年齢 働き方 生活の仕方 これからの生き方を
今までよりもすごく考えさせられていて
またきっとその先の時々で
いろんな感じ方 決断の仕方を
していくのだろうと思います。


やめるとなっても
やっぱり大井さんは素敵です。
すっかり大人の私ですが
あんな大人の女性になりたいなと思います。


新緑の季節はすごく
生きるということを考えさせられる時期になりました。
いつでも死をリアルに感じてこそ
後悔なくしっかり生きていきたいと思えるのかもしれません。



0 件のコメント: