2017-07-18

no title

自分は情報収集に疎いほうだと思います。
さらに昨今は
可能な限り不必要に情報が入って来ないように
コントロールしています。


というと聞こえがいいですが
振り回されたくないというだけ。
いかに自分が情報に振り回されやすく
ダメージを受けやすいか
痛感しているからです。


価値の判断がいかに知られているかというだけの人と接するのも
ニガテだからかもしれません。
先日そういう方とお話しする機会があり
その方も有名だったようですが
何を伺っても疲れてしまって
どっかりしてしまったり。笑
会話の楽しさって
何をどれだけ知っているかを披露することではなくて
そのことについてどんな風に思うかというところまで
言い合えるかどうかなんじゃないかと思っていて。


ただ必要なことにアンテナを張るのは
大事なので
ここのところはそれすらも疎かったなと
思っているところです。


先日在廊させていただいた際
オーナーご夫妻といろんな話をしましたが
彼らは悩みながらもとにかく情報に触れていらっしゃる。
弊害もあるのを実感しつつ。
私はそれで疲労してしまって
「いろんなものを選んで置く・伝える」という形態を
持てなくなりましたが
それでも生み出す人たちとたくさん繋がっていくことは
刺激的であり仕事の糧になるんだろうなと思います。


そういうことを考えていたから
久しぶりに知りたいと思うことから派生して
とことん情報収集してみよう と思い
とあるキーワードを検索してみました。
本当は足を運んでやりたいですが
まずはWEBでリサーチから。


検索すればするほど
広い海に投げ出された感が半端ないのですが
それでも気になる方へ流されてみます。
そんな時に見つけた写真集がこれ。






















ドイツの小さな出版社から出ている
写真家のアトリエを撮影した写真集「The Mill」。
アトリエ というものにとても興味があるのだけど
紙の裁断所だったところをアトリエにされていたのだそう。
見てみたい!と
いろんなところでSOLD OUTだったのを探しに探して
オーダーしました。


で。
最初に見つけたThe Millの詳細をチェックしたPOST。
まだ出張の時に行くタイミングを逃している
行きたい場所なのですが
リンクにB&Bさんが載ってました。
なんか嬉しい。
B&BさんはNo.0を置いてくださっている
下北沢にある本屋さん。
BookとBeerの略が名前のB&Bさんは
長いことSXJの愛用者で
アトリエにも遠方から2回もいらっしゃった方が
サダさん千歌ちゃんとも知り合いというご縁で
ここにお勤めしていると知ったお店。
No.0を置いてくださる時もとても喜んでくださって
いろいろと妄想もしてくださっていて。
わかってくださるところに委ねられるのは本当にありがたいです。
ここも今度の出張の時に行くつもり。


こうやって自分の好きに繋がる情報収集なら
たまにはしなきゃ と思います。


こんな本屋さん近くにあったら入り浸るのになあ。
numabooksの経営だと知ったのも先日。
こういうのは知ることが楽しい。

0 件のコメント: