2017-06-01

no title

6月。
きっと今年ももう半分にたどり着いたのが
早いなと思ってる方が多いのでは。


この時期さすがにじっとりと湿気の多い日が
続いている熊本ですが
今日のアトリエはなんだか
より一層熱がこもっていて
足場と網で風通しも悪いので
エアコンの掃除を
ちょっと前にしてくれていたNちゃんに
クーラーつけたら?とひとこと言ったら
そうしましょ と。
今年の熊本の夏も暑いんでしょうかねえ。


そんな今日
るいさんからレターパックが届いていました。
ルイギャルソンエプロンを
お取引先から頼まれたから とご注文いただいていて
先日るいさんを通してお渡ししていたので
無事にお渡しいただいたとのご報告と
博多屋70周年記念で記事が掲載されているという本と
お手紙が入っていました。


るいさんとはおつきあいが長いのに
未だに博多屋には
今もお店で皆さんが使ってくださっているルイギャルソンエプロンを
納品した時以来行けておらず。
その時もお店が営業している時間じゃなく
エプロンも職人さんにお願いすることが出来ないタイミングで
全て自分で縫製して徹夜明けに納品したという…。
まだそんなことをしていたはるか昔。
近々 それこそ何年越しかにようやくお邪魔出来るのですが。


博多屋とるいさんのことが掲載されているその冊子は
初めて見るのですが
ナナメ読みして
あ これはもっとゆっくりとじっくりと読みたい と思い
移動の時間の楽しみにとっておくことにしました。


博多屋でビールを飲む日の
移動の時間の楽しみが出来ました。


るいさんの記事のところに
年季の入った帆布のエプロンというフレーズが。
どの服装もすんごく様になっていた と書かれていて
ルイギャルソンエプロンも本当にるいさんのエプロンだなあと
しみじみ嬉しく。



0 件のコメント: