2017-02-20

no title

こうしたい と思うことは
大抵面倒くさい手順が必要で
この方がいい と思うことは
だいたい不都合なことが起こってしまう。


私の作るものは
そんなことを繰り返しながらも
やっぱりこっちがいい 
あっちいい と
要領や効率の良さではないところで
やり方や素材を
選んできたように思います。


シンプルなものが多いから
そういう部分は形になってからでは
わかりにくい。
誤解も受けやすかったりします。
大きな会社なら避けてしまうだろうこと。
でも敢えてそうするだけの恩恵が
あるからこそ
やりたいと思ってやっていることを
どうやって
伝えていけるのかな
というのが
昨今の課題のような気がします。


スタッフのおかげで
仕事が随分分業できるようになり
委ねられることも増えました。
だから
その悩ましい部分は
これからも大事にしていたいし
手に取ってもらう人に
わかってもらえる努力をしなきゃと
18年目にして思います。


同じ糸で生地になる糸とニットとして成型する糸と。
今年はそんなこともやってみています。
リサイクルされた糸は色々と不都合があるけれど
環境云々というより風合いが好きだから。
着心地のいいものになれますように。

0 件のコメント: